【著者】

加藤彰仁

Author:加藤彰仁
詩を書くことから
詩の楽しさを伝えるまで
公式WebSite

【書籍ご案内】

詩は人の資源

電子書籍↓
ダウンロードできます


<価格300円>


<特別無料版>


<価格1,260円>

【最新記事】

【月別アーカイブ】

【カテゴリ】

【詩人ランキング】

【詩ランキング】

FC2Blog Ranking

【RSS】

【最新トラックバック】

【検索フォーム】

【RSSリンクの表示】

【リンク】

このブログをリンクに追加する

【メール】

詩に関するお問い合わせご依頼はこちらからどうぞ・ 又ご感想やコメント頂けましたらご返事致します。

名前:
メール:
件名:
本文:

【詩のご利用について】

著作権は加藤彰仁にありますので、商業利用・二次配布等は著作の明記が必要になります。また商業利用・二次配布等の無断使用・転載は禁止しています。

Copyright (C)2010-2016 AKIYOSHI KATO All rights reserved.

タイミング


パターン

パターン

パッターン

それっ










Copyright (C)2016 AKIYOSHI KATO All rights reserved.

短詩 | trackback(0) |

2016/04/01


保存会


実は

昨日知ったんだけどね

大マゼラン雲でさえ

将来的に銀河系から

はなれていくって






Copyright (C)2015 AKIYOSHI KATO All rights reserved.

短詩 | trackback(0) |

2015/12/26


いつまでも


明日はずっとこない

そう言われて

はっとした

その時の事忘れない

ずっとこないってとこ

ずんどこって

聞こえたから






Copyright (C)2015 AKIYOSHI KATO All rights reserved.

短詩 | trackback(0) |

2015/12/09



ひとつに片方

せんをひいて

てんはつないで

たもつに双方










Copyright (C)2015 AKIYOSHI KATO All rights reserved.

短詩 | trackback(0) |

2015/09/10


おる


むかしむかしある所に

その地点における

水平面内の方向に

たいして

たしかにおれは

なんかおると言った

唐突でよかったと

今でも誉められる







Copyright (C)2015 AKIYOSHI KATO All rights reserved.

短詩 | trackback(0) |

2015/07/31


体感


からだは

なじんでくる

おぼえることは

思い出しても

おとぎばなし






Copyright (C)2015 AKIYOSHI KATO All rights reserved.

短詩 | trackback(0) |

2015/05/14



文字にしても

まだ音がする

どこからか漏れていく

ウイルスかも知れない

それか

昔から音だったか







Copyright (C)2015 AKIYOSHI KATO All rights reserved.

短詩 | trackback(0) |

2015/01/16


対応


集計したての

昨日に

もう統計しないでって

雨降りに

それも統計だからって

傘さして







Copyright (C)2014 AKIYOSHI KATO All rights reserved.

短詩 | trackback(0) |

2014/06/19


やりとり


手紙でもいい

メールでもいい

とびっきりなら

ヘルツでもいいよ








Copyright (C)2014 AKIYOSHI KATO All rights reserved.

短詩 | trackback(0) |

2014/06/13


表面


つるっつるしているよ

どこまでも

つるっつるしていて

さっきのつるっつるは

コピペになってます







Copyright (C)2014 AKIYOSHI KATO All rights reserved.

短詩 | trackback(0) |

2014/04/09


お誘い


ぱっぱっ

パソコンひらけ

ぴっぴっ

ピンからきりの

ぷっぷっ

プライスレスな

ぺっぺっ

ペンチがあるぞ

ぽっぽっ

ポイントつきで






Copyright (C)2014 AKIYOSHI KATO All rights reserved.

短詩 | trackback(0) |

2014/01/29


砂時計


じかんは

どこまで

とけいは

そこまで







Copyright (C)2013 AKIYOSHI KATO All rights reserved.

短詩 | trackback(0) |

2013/11/12


用途


途中までは

ベランダで

残りは

まんじゅうだから

そんなふうに

まごつくことにも













Copyright (C)2013 AKIYOSHI KATO All rights reserved.

短詩 | trackback(0) |

2013/10/30


共通


人にはまだ

言葉にできないものがある

人工衛星はゆっくりと雨粒にうたれ

発射見送りの信号を読み取っている










Copyright (C)2013 AKIYOSHI KATO All rights reserved.

短詩 | trackback(0) |

2013/10/04



思い出のひとつに

すぎなかったものが

日々よりもすぎている











Copyright (C)2013 AKIYOSHI KATO All rights reserved.

短詩 | trackback(0) |

2013/07/11


平面


こっと音がなったので

音がはっとしている

あそこの

盛り上がったところ










Copyright (C)2013 AKIYOSHI KATO All rights reserved.

短詩 | trackback(0) |

2013/06/19



ふと思った

これはコンコルドじゃない

そんなふうな

ふとしたいと











Copyright (C)2013 AKIYOSHI KATO All rights reserved.

短詩 | trackback(0) |

2013/05/14


箇所


中目黒で乗り換える

安藤君のそのさまは

本人の言うとおり

ミシガン州にそっくりだった

何かこつがあるのだろう











Copyright (C)2013 AKIYOSHI KATO All rights reserved.

短詩 | trackback(0) |

2013/03/27


パスワード占い


手相占いでは手相を見せて

色彩占いでは好きな色を教え

パスワード占いで

ログイン占いを紹介されて

無邪気に盗まれる












Copyright (C)2013 AKIYOSHI KATO All rights reserved.

短詩 | trackback(0) |

2013/02/27


脈絡


鹿の話しをしていたのに

いつのまに夜の話しになっていた

日がくれて

終わらないものたちが

つながりにつかもうとしている













Copyright (C)2013 AKIYOSHI KATO All rights reserved.


短詩 | trackback(0) |

2013/01/31


各位


今までの半ズボンにはなかった

金属音をつけてみましたが

邪魔でしょうがないという

まっとうな意見も頂いております











Copyright (C)2013 AKIYOSHI KATO All rights reserved.


短詩 | trackback(0) |

2013/01/19


机上


地図をひろげっぱなしで

でかけるほどの

用事を思い出してみたが

地図をどこに置いたか

思い出せない












Copyright (C)2013 AKIYOSHI KATO All rights reserved.

短詩 | trackback(0) |

2013/01/14


反応


雪の中に

速度音が残っている

遠くの空では

たしかに

ボイジャーが飛んでいるのだ










Copyright (C)2012 AKIYOSHI KATO All rights reserved.

短詩 | trackback(0) |

2012/12/18


手品


たねをあかさない

げんしょうをせつめいしない

くりかえさない

または世界も











Copyright (C)2012 AKIYOSHI KATO All rights reserved.

短詩 | trackback(0) |

2012/10/18


笹川流れ


初夏のまっすぐな

陽射しをつかむ

忘れるまでは

わたしのもの

ひとは覚えるように 恋してる











Copyright (C)2012 AKIYOSHI KATO All rights reserved.

短詩 | trackback(0) |

2012/07/26


たぶん


プラネタリウムそっくりな

プラネタリウムを

するめいかで

ひっぱたいたかもしれない












Copyright (C)2012 AKIYOSHI KATO All rights reserved.

短詩 | trackback(0) |

2012/07/11


けはい


はらっぱみたいな草原の

向こうに

向向向がいる











Copyright (C)2012 AKIYOSHI KATO All rights reserved.

短詩 | trackback(0) |

2012/05/23


創始者


コンピュータをつくったのは

人類であるが

コンピュータには

はじめから人類に

つくらせるシステムが入力されていたと

もちろん言ってもいい











Copyright (C)2012 AKIYOSHI KATO All rights reserved.

短詩 | trackback(0) |

2012/05/18


春風


恐竜のような名前の

椅子に座って

彼女は

星座のような名前の

くしゃみをしてる












Copyright (C)2012 AKIYOSHI KATO All rights reserved.

短詩 | trackback(0) |

2012/04/01


お互い


こらえている

君のうしろで

こらえている

希望がある











Copyright (C)2012 AKIYOSHI KATO All rights reserved.

短詩 | trackback(0) |

2012/03/13


| TOP | next >>