【著者】

加藤彰仁

Author:加藤彰仁
詩を書くことから
詩の楽しさを伝えるまで
公式WebSite

【書籍ご案内】

詩は人の資源

電子書籍↓
ダウンロードできます


<価格300円>


<特別無料版>


<価格1,260円>

【最新記事】

【月別アーカイブ】

【カテゴリ】

【詩人ランキング】

【詩ランキング】

FC2Blog Ranking

【RSS】

【最新トラックバック】

【検索フォーム】

【RSSリンクの表示】

【リンク】

このブログをリンクに追加する

【メール】

詩に関するお問い合わせご依頼はこちらからどうぞ・ 又ご感想やコメント頂けましたらご返事致します。

名前:
メール:
件名:
本文:

【詩のご利用について】

著作権は加藤彰仁にありますので、商業利用・二次配布等は著作の明記が必要になります。また商業利用・二次配布等の無断使用・転載は禁止しています。

Copyright (C)2010-2016 AKIYOSHI KATO All rights reserved.

真夏


絵日記を書きながら

寝ている子供

出来事を眺めているうち

どんどん夏に呑み込まれ

泳ぐように眠ったのだ


そして今

すだれのかげに

見え隠れはしているが

夏はまっすぐにある


どんな詩の一行にしても

それは過ぎ去っていく

いつかは終わるものへの

色気でも見たのだろう

夢から覚めて

覚えてないよう





Copyright (C)2015 AKIYOSHI KATO All rights reserved.

| trackback(0) |

2015/06/09


trackback

trackback_url
http://walkingofpoetry.blog137.fc2.com/tb.php/138-2ad0192e

| TOP |